1982年に日本での販売拠点として、フェンダーとフジゲンを筆頭株主とし、山野楽器や神田商会などが出資した株式会社フェンダージャパンを設立する。 Sサウンドハウスで探す エレクトリックXII | マローダー | リード | バレット | プロディジー, ジャガー | ムスタング 本物が高くて買えないという日本人を支え、またフェンダーの市場を苦しめた安価なコピーモデルが、長い歴史を経て公式コピーへ、さらには正規品となって世界へ流通していったわけです。, ライセンス生産をしていた「フェンダー・ジャパン」時代から、製品の企画/開発にはある程度の自由がありました。今も残る「エアロダイン」シリーズなどはその代表でしたが、フェンダー社との契約で、 エレキギター&エレキベースの黎明期より長い歴史を歩んできたFender Amp。フェンダー製品だけでなく幅広いブランドのギターを使用するアーティストがフェンダーアンプを使用してきました。 「トラディショナル」と「ハイブリッド」では、モデルによってボディ材にグレード差があり、またネックのコンセプトが大きく異なっていることがわかります。, 両シリーズとも、ヴィンテージ・スタイルのパーツが使われています。このうち「ハイブリッド」は上位機種という扱いで、USA製のピックアップが搭載されます。いっぽう、仕様書を見る限りブリッジとペグは共通しているようです。, 両シリーズは、ボディ材とピックアップでグレード差が見られますが、総じて「ヴィンテージ・スタイル」を基調としていることがうかがえます。そこから「ハイブリッド」ではネックに現代的な仕様が採用され、ヴィンテージ・スタイルの雰囲気を持ちながら現代的な演奏性を持った、新しいコンセプトのベースになっているということがわかりますね。, 上:Made in Japan Traditional 60s Jazz Bass、下:’60s Jazz Bass fender japan テレキャスターカスタム tc72 | 勝手になんでも. FENDER (フェンダー) ジャズベース アーティストモデル Flea Jazz Bass [並行輸入品]がエレキベースストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 こちらもパッと見た感じ違いはわからないが…, いずれも1960年代をイメージした同じコンセプトのジャズベースですが、4万円以上の価格差ができています。さて、どんなところに違いがでているのでしょうか。, まず価格差の出やすいところを比較してみます。かなり近いコンセプトのベースですが、やはりいろいろなところにグレードの差が見られます。低価格モデルで大いに使用されるバスウッドは、フラットな音響特性が見直されて超高級機に使用される例も見られます。しかし60年代式ジャズベースのボディ材としては、アルダーの方が好まれています。ピックアップについては、「’60S(MEX)」の方がこだわりの深い作りになっているようです。 レオ・フェンダーが生んだ世界初のエレクトリックベース、世界初のフレット付きベース。 その名の通り、上で紹介されているプレシジョンベースの原型・初期モデルである。 これは「現代的な感覚で弾きやすい感触」とは違っていましたが、「メイドイン・ジャパン」の信用度をヴィンテージ・ベース自体の人気が後押しし、フェンダー・ジャパンのベースは多いに支持されました。, 「フェンダー・ジャパン」時代には、神田商会が製品の企画と開発を行なっていましたが、「メイドイン・ジャパン」シリーズはフェンダーの意向が多いに反映されます。MIJ設立に際しては、フェンダー・カスタムショップのマスタービルダー、クリス・フレミング氏が日本支社の代表として着任、実際に工場へおもむいて工法や調整法など事細かな要望を出しています。これによって製品もブラッシュアップされ、「楽器の性能とフィーリングが向上した」と伝えられています。, MIJシリーズの主力モデルは、フェンダー・メキシコ(MEX)の「スタンダード・シリーズ」と同じくらいの価格帯、だいたい¥10万円近辺の価格帯にいます。そのすぐ上に「クラシック・シリーズ」や「デラックス・シリーズ」などMEXの上位モデルが、すぐ下にMEXの価格破壊機種「プレイヤー・シリーズ」がいます。 US Vintage P-Bass, 上:Made in Japan Traditional 60s Jazz Bass、下:Made in Japan Hybrid 60s Jazz Bass, 上:Made in Japan Traditional 60s Jazz Bass、下:’60s Jazz Bass, Uシェイプ、指板R241mmもしくは250mm、ナット幅1.515″、サテンウレタン塗装, Standard Vintage Alnico Magnet Single-Coil Jazz Bass. パッと見た感じどちらも同じジャズベースのように見えるが…, 「メイドイン・ジャパン(MIJ)・トラディショナル」、「メイドイン・ジャパン(MIJ)・ハイブリッド」両シリーズは、それぞれの基本仕様がだいたい決まっていて、ボディ材やフレットの有無、塗装の種類などでバリエーションを出しています。それぞれの基本仕様をチェックしてみましょう。, 「トラディショナル」のうち低価格のものは、ボディ材がバスウッドになります。しかしフェンダー・ジャパンではバスウッド製のボディが標準でしたから、むしろ「これこそ日本製フェンダーだ」と言っても過言ではありません。 MIJウォルナット・ジャズベースとアメリカンヴィンテージ・プレシジョンベースの競演。価格差は倍くらいあるんですが、そんなに差があるようには聞こえませんね。弘法筆を選ばずといいますか、うまい人の要求にしっかりと応えるポテンシャルが、MIJにはあるというわけです。, という4つのシリーズからリリースされています。ここでは、その主力である「トラディショナル」と「ハイブリッド」に注目してみます。, 上:Made in Japan Traditional 60s Jazz Bass、下:Made in Japan Hybrid 60s Jazz Bass YYahoo!ショッピングで探す ピックガードとポジションマークについても、ちょっとしたグレード差がついているように感じられます。, 最も大きな違いは、ネックシェイプと指板材です。MIJは全機種共通してやや厚みのあるUシェイプ、「’60S(MEX)」では一般的なCシェイプとなっています。MIJではローズウッド指板が健在ですが、国際条約の関係でUSAやMEXではローズウッドが使いにくい状況にあり、指板はパーフェローに置き換わっています。指板材の人気でいえばローズウッドに軍配が上がりますが、パーフェローも銘木であり、「ローズウッドとエボニーの中間くらい」という音響特性を持っていて、むしろローズウッドより高価な木材です。, 4万円以上という価格差もあって、「’60S(MEX)」の方が木材、ピックアップ、金属パーツといった点でグレードが高くなっているのが分かります。しかし、グレードに差があるからと言ってMIJが性能的に劣っているということにはなりません。フェンダー・ジャパン時代以来、日本製フェンダーは「メイドイン・ジャパン」の名に恥じないしっかりとした楽器作りを続けていますし、搭載されているパーツについても精度や強度といった性能は高く、細かいことを気にせずに長期間使用することができます。仕様書への記載はありませんが、ペグはフェンジャパ以来採用されているゴトー(GOTOH)社製が継続して使われていますから、安心して使用できます。そういう意味でMIJは、非常にコストパフォーマンスの高いシリーズだと言えるでしょう。, ではここから、日本製フェンダー・ジャズベースのラインナップをチェックしていきましょう。4つのシリーズそれぞれについて見ていきます。, Aアマゾンで探す 1997年にバブル崩壊後、多大な負債を抱えていたフジゲンがフェンダージャパンとフェンダーメキシコの株式を売却し、フェンダージャパンは吸収合併され消滅、フェンダーメキシコは完全子会社となる。, 2012年に、新規株式公開(IPO)を申請。同社は2.4億ドルの長期負債を抱えており、IPOで調達した資金は負債の返済に充てると見られている。IPO申請時の株式保有率は、米ウエストン・プレシディオが42.92%、山野楽器が14.28%、神田商会が12.85%となっている。その後の同年12月、ハワイの自動車販売を主をするサーブコ・パシフィックが米投資会社TDP Growth共同でウエストン・プレシディオの株式を取得し経営権を得た。, 2015年3月20日、山野楽器との販売代理店契約を終了し、フェンダーが日本に現地法人を立ち上げることを発表した。4月1日より新たに立ち上げられたフェンダーミュージックジャパン株式会社が業務を引き継ぐ。, 2020年1月、TDP Growth所有の株式をサーブコ・パシフィックが取得した事により株式の過半数の得て、経営権を掌握したことがプレスリリースされた。[1], フェンダー・カスタム・ショップはカリフォルニア州のコロナ工場の一角に構え、顧客からギター/ベースのカスタムオーダーを受注し製作する部署である。 もしフェンダージャパンのギターやベースを買うのであれば中古で良い個体を見つけるのが良いかもしれません。 やっぱりFender USAも気になる。 そんな人はこちらも参考にして、ぜひ納得のFenderを手に入れてください。 フェンダーヴィンテージベースのサウンド&ルックスでまわりを驚かせましょう! ハードケース付き。 各画像にマウスカーソルを当てると裏側の画像をご覧頂けます ネックの仕様は好みが分かれるところです。フェンジャパ時代にはスリムなCシェイプネックが標準的でしたが、MIJでは共通してやや厚みを持ったネックになっています。「トラディショナル」はトラッドなスタイルのネックですが、「ハイブリッド」では現代の感覚で弾きやすい仕様が採用されています。 多くの世界的ミュージシャンも愛用する「フェンダーのベース」。ベーシストなら一度は弾いてみたい方も多いのではないでしょうか。とはいえ、さまざまなラインナップがあり、生産国もまちまち。とくに初心者の方は、一体どれを選んで良いか迷ってしまいますよね。 Made in Japan Traditional 60s Jazz Bass 3-Color Sunburst, 名機「ジャズベース」を発明し、今なお「世界的定番ブランド」の地位が揺るがない「フェンダー」、世界最高水準の出荷基準で流通する作りの良さで、世界的なブランドとして見られている「メイドイン・ジャパン」。この二つが協力したら、まさに「世界最強」ではないでしょうか。そんな熱い思いを胸に、2017年よりスタートしたフェンダーの「メイドイン・ジャパン(MIJ)」シリーズのジャズベースに迫っていきましょう。, #MyFirstFender プレシジョンベース(Precision Bass)は、エレクトリックベースの一種。 1951年にフェンダー社から発売されて以来、現在まで広く普及している。 日本での一般的な略称はプレベ。英語圏ではP-Bassなどとも。. 石石橋楽器で探す, 《オーダーメイド体験》Red Houseにベースをオーダーする!2020.12.6, 《独自技術と研究成果で築くオリジナリティ》YAMAHAのエレキベースについて2020.3.18, Fender Bass Shootout – MIJ Walnut Jazz vs. 島村楽器オンラインストアのFender(フェンダー)アコースティックギター一覧ページです。エレキギターで定番のフェンダーが製作するアコギはこちらです。 ミュージックマスター | デュオソニック | ブロンコ | スウィンガー 1985年、CBS社の楽器部門の撤退により、ヤマハなどに在籍していたビル・シュルツを最高経営責任者に迎えてフェンダー社が再興される。同年に製造拠点を失っていたため、フジゲンの技術支援のもとコロナ工場を建設。 フェンダーエレキギターの長い歴史と常に歩んできたFender Amp。フェンダーギターだけでなく様々なギターを使用するアーティストがフェンダーアンプを使用してきました。現在では小型の家庭用練習アンプから、往年の明記の復刻版までを幅広くリリースしています。 R楽天で探す レオ・フェンダーが去った後、楽器制作に精通したスタッフが乏しく技術力が低下していたため、1987年にフジゲンから杉本眞(現Sugi Guitars)らの技術指導チームを招き、ハイエンドを製造する前身の部署が設立された。またスタッフも外部からJohn Suhr、John Page、Larry L. Brooks、Michael Stevensら著名なビルダーを招き徐々に名声を広げていき、現在の形へとなった。あえて古い製法を復活させたり、レギュラーラインには使用されない銘木を使用したギター、長年の使用によって付いた傷や汚れ、錆などを再現し、使い込まれたような加工(エイジング加工)をする新たな技術を導入するなど、特別仕様となる。有名ギタリスト本人が使用しているアーティストモデル、及びユーザーから発注を受けた特注品、楽器ショーなどに展示されるワンオフ生産のギターはカスタムショップで製作されている。近年では、プロのアーティストが使用していたギターの傷や特徴などを細かく精査し、細密に再現した「トリビュートシリーズ」などがある。 1987年)および、Fender USA Vintage re-issue series(1987年まで)の製造は、フジゲンによるものである。, バブル崩壊後、フェンダーメキシコなどの設備投資で大きな負債を抱えていたフジゲンが1997年にフェンダーメキシコ社と共にフェンダー・ジャパン社を売却。完全子会社化したフェンダーはフェンダーメキシコ社のみを残し、フェンダージャパンはスクワイアへと統合され幕を閉じた。, フェンダー・ジャパンが解散後、代理店であり株主でもあった神田商会が新たなビジネスとして1997年中にフェンダーから商標のコピーライセンスの使用許諾を得て、『フェンダー・ジャパン』を自社のプライベートブランドとして再興させた。開業当初は東海楽器製造や寺田楽器、アトランシアなどの外注で木工などの製造を行い、当時自社ブランドなどの楽器組み立て工場として持っていた子会社のダイナ楽器で組み込みをし販売をするというスタイルであった[4]。その後、2007年にダイナ楽器が設備投資を行い木材加工も可能にし、自社生産のものを『Made in Japan』と刻印するようになった。2008年には完全に自社グループ内で製造するようになった[5]。両者を見分けるポイントはシリアルナンバーであり、フェンダー子会社時代のフジゲン製造のものは「MADE IN JAPAN」、神田商会ブランド以降は木材加工などの製造が外注で組み込みがダイナ楽器のものは「CRAFTED IN JAPAN」、完全にダイナ楽器が製造しているものは「MADE IN JAPAN」表示となっている[6]。アメリカの本家フェンダーには存在しないオリジナルモデルや生産が終了したモデル、マーカス・ミラー、リッチー・コッツェン、イングヴェイ・マルムスティーンなどのアーティストモデル、ムスタング、スティールギター等のマニアックな復刻モデルの発売など、日本独自やニッチな市場にも向けた商品展開が特徴のひとつである。, 2015年3月20日、同年4月にフェンダーが日本支社のフェンダーミュージック株式会社を立ち上げたのに伴い、神田商会とのライセンス契約を3月31日をもって終了し、同時に「Fender Japan」ブランドの終了が発表された。, 以前からフェンダーの下請け会社でもあったダイナ楽器によるフェンダージャパンの生産ラインは、フェンダーのジャパン・エクスクルーシブ・シリーズとして組み込まれ、4月から販売が開始された。しかしこれは過去にギブソンの製品の輸入代理店が山野楽器からギブソンジャパンに移行された時期と同様に、地方部の販売店のように大量の仕入れが困難な店舗や、他社のコピーモデルを販売している店舗には商品を卸さないという事例が多発しており、問題となっている[要出典]。, 同年7月22日、恵比寿ガーデンホールにて『Fender Launch Party』[7]が開催され、フェンダーの楽器を愛用するアーティストが集結し、今後は輸入代理店を介さずにアメリカから直接日本に届けることが可能になったことを披露した[8]。, 現在フェンダーは海賊版対策として自社製品の下請け会社や元下請け会社などに限定して、自社のコピー品の製造をライセンスを与えることで認可している。, ここでは派生モデルも別のギターとして扱う。派生モデルが未編集の場合、元のモデルを参照。 あの人もこの人も、日本製のフェンダーで育ったわけです。いじり倒したり大事に大事に使ったり、フェンダーとの付き合い方は人それぞれですね。, ギター/ベースの歴史を牽引してきたフェンダーは、日本とどのように関わってきたのでしょうか。時系列順に見ていきましょう。, フェンダー社の創始者、レオ・フェンダー氏は1965年に会社をCBS社に売却、自身もその後数年で退社します。フェンダーという「法人」がなくなって「ブランド」となった、「CBS期(1965~1985)」と呼ばれるこの20年間はまさにフェンダー苦難の時代で、, という三重苦の事態でした。 ブリッジとペグについては両機ともヴィンテージ・スタイルとなっていますが、「’60S(MEX)」ではUSA製のちょっとグレードの高い部品が採用されています。「’60S」ペグの「リバース(Reverse)」は、回す方向が現代の標準と「逆(リバース)」だった、という当時の仕様を再現しています。, 現在ではフェンダーUSA「アメリカン・ヴィンテージ」シリーズのラインナップはいったん終了、同「アメリカン・オリジナル」シリーズへ置き換えられていますが、, といった幅広い「ヴィンテージ系パーツのシリーズ名」として存続しています。 フェンダー・ジャズベースには、有名アーティストのシグネチャーモデルもたくさんあります。ここでは高値で取引されやすいモデルをご紹介します。 マーカス・ミラーモデル:Fender USA … US Vintage P-Bass ベーシストの相棒であるベース。サウンドはもちろん、自分の演奏スタイルに合ったものを選びたいですよね。昨今では把握出来ない程に多くのメーカーから様々なタイプのベースが発売されています。今回は2本目に買うのにおすすめしたいベ… 続きを読む 1960年の誕生以来、音楽史に残る名曲の数々をボトムから支え続けてきたフェンダー・ジャズ・ベース。2基のピックアップを搭載することで生まれた独特かつ多彩なトーンはジャズ・ベースの大きな魅力であり、その魅力は色褪せるどころかますます輝きを増している。 1987年に新たな工場拠点としてフェンダーとフジゲンでそれぞれ4800万円を共同出資し、メキシコ法人のフェンダーメキシコを設立する。同年にオーダーメイド部門のフェンダー・カスタム・ショップを設立した。 ジャグスタング | スーパーソニック | ジャグマスター, プレシジョンベース | ジャズベース | ベースV | ムスタングベース | ジャガーベース, ブラッキー | ブラウニー | テレギブ | Frankenstrat | Duck | The 0001 Strat, フェンダー | フェンダー・カスタム・ショップ | グレッチ | ジャクソン | シャーベル | スクワイア | Hamer | Sunn | SWR | Tacoma, All Parts | Mighty Mite | ワーモス | B. Hefner Company | Musikraft, フジゲン | 山野楽器 | ミュージックマン | G&L | サー | ギブソンギターコーポレーションジャパン, 楽器ショー(TOKYO GUITAR SHOW) | ジャパン・ヴィンテージ | ギター関連用語一覧, Leo FenderがCBS社への売却後、米国製フェンダーは売上が芳しくなくなり、コストダウンが求められ旧型機械の使用を継続するなどの様々な工程の圧縮が行われ、楽器品質が低下していたため、一部の日本製のコピーモデルはオリジナルを凌駕する品質とみなされていた。そこで当時の富士弦楽器製造の技術指導により品質を回復していったという事情もある。, 当時のドル高と上昇した労働賃金、老朽化した生産設備では価格面での対抗は敵わず、将来のユーザーを呼び込むためのスチューデントモデル(入門モデル)の充実を図る必要があり、当時の日本の技術、労働賃金では十分に可能だった。, 1985頃から、フジゲン以外のメーカーが製造に参加しており、1990年に入るとフジゲンの製造本数は激減し、フェンダー・ジャパン株式会社の末期にはフジゲンはほとんど受注していなかった。そのため製造体制の移行には大した混乱は生じなかった。, Fender Musical Instruments Corporation Product List, イケベ楽器店web site 「フェンダー・ジャパン、ファクトリー潜入レポート!」, ASCII.jp:日本初上陸のAurisonics、売りのROCKETSは壊れな~い, Fender® Guitar: Electric, Acoustic and Bass Guitars, Amplifiers, and Pro Audio, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=フェンダー_(楽器メーカー)&oldid=81153704, マイケル・スティーブンス、J.W.ブラック、ジョン・イングリッシュ、マーク・ケンドリック、フレッド・スチュワート、クリス・フレミング, デニス・ガルスカ、グレッグ・フェスラー、ジェイソン・スミス、ポール・ウォーラー、デイル・ウィルソン, American Deluxeのワンランク上として位置づけ生産されるシリーズ。アメエリの愛称で親しまれている。, American standardのワンランク上として位置づけされる。アメデラの愛称。, 自社生産ではなく、サミックやコルトなどの韓国企業に発注して製造される新興国向けライン。, アメリカの楽器関連パーツの卸売業者。フェンダー規格のネックやボディなどのリプレイスメントパーツの販売など。, アメリカの楽器関連パーツの卸売業者。フェンダー規格のネックやボディなどのリプレイスメントパーツの販売など。以前は. FENDER CB-60SCE Natural アコースティックベースなら3年保証付のサウンドハウス!楽器・音響機器のネット通販最大手、全商品を安心の低価格にてご提供。送料・代引き手数料無料、サポート体制も万全。首都圏即日発送。コスパに優れたアコースティックベース。 Fender literally wrote the book on electric basses, laying the foundation for musical innovation and evolution. 人生を変えるような楽器との出会いを、各ジャンルで活躍中のミュージシャンに聞く連載シリーズ。 三回目のゲストは、クレイジーケンバンドのベーシスト、洞口信也が登場。バンドの黎明期から長年に渡って使い続けているフェンダーのPrecision Bassを大いに語る! フェンダーからエレクトリックギター&ベースの新シリーズ「american professional ii」が発売! 世界で最もプレイされているエレクトリックギター&ベースの新シリーズ! v-mod iiピックアップ、新しいカラーバリエーション、"c" シェイプのネック! このうち日本製コピーモデルへの対策として、CBSは妙案を講じます。出来の良いコピーモデルにライセンスを与え、「公式コピー」として流通させることにしたのです。これならライセンス料が得られ、モデルによっては生産を依頼することもできる、というわけです。日本企業にとっても「フェンダー」のお墨付きは魅力でした。1982年、神田商会が企画してフジゲンが作る「フェンダー・ジャパン(フェンジャパ)」の誕生です。, CBSがフェンダーのブランドを手放し、フェンダー社が再興したのが1985年です。現在フェンダーUSAモデルを作っている「コロナ工場」はこの時設立、メキシコの「エンセナダ工場」は2年後、1987年に設立されます。エンセナダ工場設立に際し、フジゲンは共同出資しています。フジゲンから技術支援スタッフを召致したり、著名なギター職人を入社させ「フェンダー・カスタムショップ」を立ち上げたりして、蘇ったフェンダー社は新体制を軌道に乗せていきます。, 販売代理店だった山野楽器との契約が終了したのが2015年、このとき「フェンダー・ジャパン」も終了することが決まり、フェンジャパファンからは嘆きの声が上がります。しかし日本製フェンダーは存続、フェンダー「ジャパン・エクスクルーシブ(JE)」という新シリーズとして、フェンダーの日本法人が販売する体制が始まります。日本製フェンダーは、ライセンス生産だった「公式コピー」から、フェンダーの「正規品」へと転身しました。, 海外アーティストのシグネイチャーモデルを手掛けることも多くありましたが、フェンダー・ジャパン製品は、基本的には日本国内限定で流通されていました。JEもその例にもれず日本国内で限定的に流通されていましたが、日本製フェンダー誕生35周年の節目となる2017年、その体制が変革します。日本製フェンダーは「メイドイン・ジャパン(MIJ)」シリーズとなり、世界的に流通されるようになったのです。, かつてフェンジャパの「メイドイン・ジャパン表記」は、ネックのジョイント部分に記されていました。このたびMIJシリーズがフェンダーの正規品になったことの一つの証として、「Made In Japan」という生産地情報がUSAとMEX同様、ヘッドの裏に記されることとなりました。 「生産するのは普及価格帯(お買い得なお値段)のヴィンテージ・スタイル(旧式)に限る(アーティストモデルなど例外あり)」とされていました。特に顕著なのは演奏性で、, この二つが標準とされていました。 Fender literally wrote the book on electric basses, laying the foundation for musical innovation and evolution. フェンダー(Fender Musical Instruments Corporation )は、レオ・フェンダーが1946年に創業した楽器メーカーである。主にエレクトリック・ギター、アンプの製造を行っている。, エレクトリックギター、エレクトリックベース、ギターアンプの製造販売を行う会社としては同じくアメリカ合衆国のギブソン社などと並んで世界でも屈指の企業として認識されている。また、ソリッドボディのエレクトリックギターを世界で初めて量産したことでも知られる。本社はアメリカ合衆国アリゾナ州スコッツデールにあり、製造拠点としてカリフォルニア州のコロナ工場、メキシコのエンセナーダ工場がある。カスタムショップの所在地や上位機種の製造はコロナ工場で行っており、その他、スクワイアやアーティストシグニチャーといった廉価版楽器の製造下請け会社としてサミックやサンハン、コルト、ダイナ楽器などが請け負っている。旧社名はFender Electric Instrument Manufacturing Company。なおフェンダー・アンプに関しては独立して別稿を設けているため、そちらを参照。, 前身は1938年にレオ・フェンダーがカリフォルニア州フラートンで創業した「フェンダー・ラジオ・サービス(Fender's Radio Service)」で、ラジオ受信機や音響機器の修理を行っていた。1945年にレオはドク・カウフマンと共に「K&Fマニュファクチュアリング」を設立。スティール・ギターとアンプの製造を開始する。しかし1946年、カウマンとの共同経営は解消、1947年社名をフェンダー・エレクトリック・インストゥルメント・カンパニーに改名する。, エレクトリックギターは1920年代後半から数多くの製造業者によって作られていたが、それらの多くは胴体の部分が中空のホロウ・ボディと呼ばれる構造であった。また、ソリッド・ボディ(胴体部が中空でない構造)であってもリッケンバッカー社のハワイアン・ギターのように特殊な奏法向けであったり、ポール・ビグスビー製作の通称「ビグスビーギター」のようにオーダーメイドであったりしたため量産型のソリッドボディのエレクトリックギターは存在しなかった。ミュージシャン、発明家のレス・ポールもソリッドボディのギターの開発を進めていたがギブソン社からレスポールモデルが発売されたのは1952年からである。, フェンダーは1948年頃にソリッド・ボディのエレクトリックギターの試作品を完成させ、1949年にエスクワイヤーとして発表。1950年にはブロードキャスターを発表、1951年にテレキャスターに改称、その理由はグレッチ社のドラムに同音の商標(綴りは「Broadkaster」)のモデルが存在したからである。対応を迫られたフェンダー社は極短期間だがヘッドのデカールのモデル名を切り取って販売を続けた。これは通称「ノーキャスター」と呼ばれる。実質的にはテレキャスターが世界初の量産型のソリッドボディ仕様のエレクトリックギターと言える。同年世界初のエレクトリックベースであるプレシジョンベースを発表。フレットを採用し正確な音程を得ることができるプレシジョンベースは当時革命的であった。1954年にはストラトキャスターを発表。その後も1958年にジャズマスター 、1960年にはジャズベース、1962年に当時の最高級機種であるジャガーを発表するなど、現在も多くのミュージシャンに愛用されている名器を生み出した。, フェンダーのギターやベースの特徴としてソリッドボディの量産以外にボルトオンによるデタッチャブル・ネック方式が挙げられる。従来のセットネック方式(膠での接着)に比べ格段に修理などが容易になり、この方式は現在多くのギターメーカーで採用されている。, エレクトリックギター産業の先駆者として多くの楽器を発表したフェンダーだが、1965年にCBS社に売却され法人としての「フェンダー社」は無くなる。また、同年V.C Squier社を買収する。同時にレオは経営者から技術顧問として同社に残るものの、僅か数年で退社している。健康上の理由と新たに開発した技術を新体制のフェンダー社が積極的に採用しなかったためとも言われている。その後は楽器業界の低迷による売り上げの低下による業績不振、さらにフェンダー社製品の品質低下に加え、廉価なコピーモデルの横溢によって自社の市場が脅かされるなど企業として弱体化が進む事態を迎え、1980年代初め頃にはストラトキャスターなど看板商品が一時生産を終了するにまで至った。 過去に製造され現在は製造していないモデルも含む。Fender Musical Instruments Corporation Product List (英語)も参照。, Fenderは、2016年1月にインイヤーモニターメーカーであるAurisonics社を買収し、イヤフォン業界に参入した[9]。, Aurisonics社は、2011年にDale Lottが創業[10]。当時は従業員1名のみだったが、2014年時点で従業員25名規模となり、業務拡大に伴い本社も3倍のサイズの場所に移転している。当時の製品の特徴として、筐体は3Dプリンターを使用して成形し、塗装やドライバー等の組み込みも手作業で行っていた。複数のドライバーが組み込まれているIEM製品について、ネットワークを用いずに音響ダクト等を工夫し、チューニングでバランスを取っている。Fenderに買収された後もこれらの特徴は製品に引き継がれている。 MIJシリーズの主力モデルは、フェンダー・メキシコ(MEX)の「スタンダード・シリーズ」と同じくらいの価格帯、だいたい¥10万円近辺の価格帯にいます。そのすぐ上に「クラシック・シリーズ」や「デラックス・シリーズ」などMEXの上位モデルが、すぐ下にMEXの価格破壊機種「プレイヤー・シリ… フェンダーミュージックのプレスリリース(2019年12月3日 12時00分)フェンダーがベーシスト日野”jino”賢二とのエンドースメント契約を発表。 フェンダーのエレキベース エレキベースがフェンダーで初めて登場したのが1951年になります。 フェンダーは、エレキベースの中でも人気が高く代表格とも言えるブランドとして確立しました。 アマチュア … American Elite / American Original / American Professional モダン・プレイヤーのための最尖端進化系ギア「フェンダーエリート」。オリジナルのDNAを色濃く受け継ぐネオ・ビンテージ「フェンダーオリジナル」。伝統と革新がバランス良く融合した新スタンダード「フェンダープロフェッショナル」。 フェンダー、世界でも最もプレイされているエレキギター&ベースがプロの声を取り入れ一新「American Professional II」登場 概要. Learn more about Fender electric basses. 日本製の安くて高品質なコピーモデルに対抗するため、1982年にフェンダー社が日本国内で販売するためのブランドとして「スクワイヤ」を創設しました。 創設当初は日本国内での製造・専売でしたが、その後は製造拠点を海外に拡大して全世界に向けて販売されるようになり、フェンダーの廉価版ブランドとして広く知られています。 廉価版とはいえ、スクワイヤは正式なフェンダーの傘下ブランドなので、フェンダーが商標登 … マスタービルダーが手がける製品にはそれぞれのビルダーならではの嗜好や個性が反映された物が多く、昇進や異動等で製造職から離れたビルダーや、退社後に独立して自身のブランドを立ち上げるビルダーも数多く存在する。, 自身のギター製作を行う一方で、次期マスタービルダーの養成や、フェンダー社全体の製品開発に取り組む。, 著名ミュージシャンへの楽器製作・修理調整、顧客からのオーダー受付を主な業務とする。, フェンダーは現在メインの生産拠点であるカリフォルニア州のコロナ市の工場と廉価版製造が主であるメキシコのエンセナダ市に自社工場を構えている。日本の楽器店等ではコロナ工場製造のものをフェンダーUSA、エンセナダ工場生産のものをフェンダーメキシコと呼んでいるが、ユーザーが呼称しているだけで実際にはそういった名称は存在しない。, その他、傘下のブランドにはギルド、グレッチ、ジャクソン、シャーベル、ビグスビー、タコマ、SWR、SUNN等がある。2014年にギルド・ギター・カンパニーがコルドバ・ミュージック・グループに、Gretsch Drums、TOCA Percussion、Latin Percussion、KAT Percussion、Ovation Guitars、Gibraltar HardwareをDW(Drum Workshop)に売却。(グレッチギターはフェンダーが所有のまま), 2015年にはKMC Music(Ovation Guitarを製造していた企業。2008年にフェンダーに買収され、子会社になっていた)はJam Industriesに売却されている。, 1970年代以降、日本の楽器市場でフェンダーギターのコピー商品が出回り始めた。フェンダー社はその主な製造先であった東海楽器製造に対して訴訟を起こし販売停止に追い込むなどの対抗手段が取られたが、価格の面でコピー商品を完全に駆逐することができなかった。そのため、最終手段として自身も日本に製造拠点をおいて低価格なギターを販売することにし、1982年に当時の国内代理店であり筆頭株主でもあった神田商会の仲介の元、アイバニーズやグレコなどの下請け製造をしていた富士弦楽器製造(現フジゲン)とフェンダーの共同子会社のフェンダー・ジャパン株式会社を設立した。この時、当時の筆頭株主であった山野楽器と神田商会も共に共同出資を行い、ホテルグランドパレスにて設立発表も行われた。, 設立後は、富士弦楽器製造が製造担当となり国内向けの廉価版シリーズをスクワイア(組み立てはダイナ楽器)、ワンランク上の製品をフェンダー・ジャパンとして販売開始された[2]。設立当初のフェンダー社の計画は、日本国内のコピー品の駆逐とスクワイア・ブランドの廉価品のアメリカ国内及び海外販売を目的としたものだった[3]。, しかし、1985年にCBSがフェンダー社を売却し、当時社長であったビル・シュルツが経営権を買収したが工場は含まれなかった為、製造拠点を失っている。その為、新工場が設立されるまでの間、日本のフジゲンが製造した製品がフェンダー製品として世界中で販売された。海外向けのスクワイア(1983年 - テレキャスター・シンライン | テレキャスター・カスタム | テレキャスター・デラックス | (ザ・)ストラト 大黒屋ではフェンダーの各種楽器を高額査定いたします。フェンダーの代名詞であるエレクトリックギターやエレクトリックベースはもちろん、アコースティックギター、アンプ、アーティストモデルを高 … フェンダー・ムスタングを愛用するギタリスト&アーティスト. フェンダー・ジャガー・ベースについて【ベース博士】 2018/07/18 - Pinterest で Makoto さんのボード「ハイラム君」を見てみましょう。。「ミュージシャン, ジャコ, フェンダージャズベース」のアイデアをもっと見てみましょう。 Learn more about Fender electric basses. プレイヤーが求める総てが凝縮されたジャズベースは、瞬く間に世界中に広がっていきました。ジャズベースの誕生が、音楽史の新たな道しるべを創ったといっても過言ではないでしょう。ジャズベースという名前とは裏腹にロック、ソウル、ブルース等のあらゆる音楽に見事にフィット。正にエレクトリックベースの完成系として世界中のプレイヤーに今尚、最高のベースという不動の地位と共に愛され続け、求められ続けてい … フェンダー・ストラトキャスターといえばこの人!代表的な. イシバシ楽器の Fender 情報をお届け!ファクトリーツアー参加等経験豊富な Fender USA 認定スタッフ も在籍中。最新モデルから中古・ヴィンテージまで幅広く取り揃えています! フェンダー( Fender Musical Instruments Corporation )は、レオ・フェンダーが1946年に創業した楽器メーカーである。 主にエレクトリック・ギター、アンプの製造を行っている。 創業者のDale LottはそのままFenderに移籍し、同社のイヤフォン開発を手掛けている[11]。, エスクワイヤー | テレキャスター | ストラトキャスター | ジャズマスター MIJシリーズはクラシカルな要素を残したモデルが中心で、MEXのスタンダード・シリーズと合わせることで、普及価格帯におけるヴィンテージ・スタイル(MIJ)とモダン・スタイル(MEX)を揃える、という布陣になっています。, Fender Bass Shootout – MIJ Walnut Jazz vs.